事業紹介Business

橋梁架設の魅力と日本架設Charm of the bridge erection

橋梁の架設工事は、大変奥が深く橋の種類や架設の方法などがたくさんあり、とても魅力のある仕事の一つです。
建設業の中でも特に豊富な経験と高い技術を必要とする工事です。

しかし、残念ながら現在建設業で新たに働く人が急速に減っているのが現状です。
そんな中でも、志を高く持ち技術者(職人)の世界へ飛び込んできて頂ける方にはきっとその魅力とスケールの大きさを味わって頂けると信じております。

そしてその仕事が未来まで形として残り、その完成した橋を車が通ったり列車が通ったりするのを見た時や、自分でその道を走ったりすると、現場に携わった一人としてその達成感は何ものにも代えがたく、きっと感慨深いことでしょう。

世界には歴史上の貴重な橋や色々な形の橋がありますが、これらは全て人の手によって設計され、人の手によって掛けられたものばかりで一つとして同じものがありません。

普段何気なく通っている橋ですが、そこに街と街、そして人と人を結びつける架け橋があることを今一度皆様に知って頂けたら、私たちは本当に幸せに思います。

橋梁架設工事とはBridge construction work

※ 橋梁(きょうりょう)架設は普段なかなか聞きなれない言葉です。
内容もわかりにくいと思いますので以下でご説明いたします。

  1. 河川や高速道路・鉄道などの橋(橋梁)を架ける(架設)お仕事です。
  2. 橋は河川や道路などの大きさや長さによって大きいものから小さなものまであり形や種類も様々なものがあります。
  3. 大きくて長い橋はあらかじめトラック(トレーラー)で運搬できる長さに短くしたもの(ブロック)を工場で製作して運搬し、現場で接合して(つなぎ合わせて)1本の長い橋にしたものを架けます。
  4. 橋を架けるときは橋の大きさ・重さにもよりますが主に大型クレーンを使います。
    他には架設専用の機械などを使用する場合があります。
  5. 橋を架けるにはその現場の規模にもよりますが、現場監督を初め経験豊富な技術者や、クレーンやトラックの運転手などたくさんの人が毎日綿密な打ち合わせを行い安全に作業が行われます。
  6. 現場の作業はすべて資格が必要です。
    建設業にはいろんな資格の種類があり所属会社にて講習会などで資格は取得できます。
  7. 橋を架け終わった後も舗装業者をはじめ電灯や看板などいろんな業者が工事を行い、その現場を完成させていきます。
施工事例はこちら